協力者を見つける

LOVE

相手の都合も考える

社内恋愛から結婚をする人は世の中にたくさん居ます。それだけ簡単なのかというと、実はそうでもありません。というのも、会社によっては仕事に影響が出るということで、社内恋愛をよく見ないところもあるからです。そのような会社に勤めている場合、気になる人が社内に居てもそう簡単にはアプローチできません。慎重に行動しましょう。例えば、社内に味方をつけるといいかもしれません。上司に理解を得ることは難しいため、できれば同僚に協力してもらいましょう。社内恋愛成就には協力者が居ると何かと便利です。それから、アプローチをするにしても相手の都合を考えるようにしましょう。当然、相手が忙しい時にアプローチをしても、かえって迷惑になって嫌われてしまうこともあるからです。それには、相手の仕事の状況やプライベートなどを知る必要があります。違う部署なら、それこそ、その部署に協力者を得ておくと便利です。このようにして、社内恋愛を成就することはできます。いずれにしても、アプローチは程々にすることが大切です。相手によっては会社は仕事をするところと区別をして、社内恋愛をしたいと考えていない人も居るからです。まずは相手のことをよく知ることが大切です。それから、アプローチがうまくいけば、自然とデートをする回数も多くなり、さらに結婚という話になることもあります。ここまでいったら、今度は社内にいつ公表するのか、これもまた慎重に考えましょう。